携帯電話の方はここをクリック!
ブ ロ グ 動  画 ツイッター メルマガ お問い合わせ
インターン生向け紹介動画 主な実績


高槻市バス「幽霊運転手」訴訟   勤務実態のない市職員(労組幹部)に違法に給与を支給する等していた事件。計約2350万円を賠償・返還させた。
農協ビル補助金訴訟   違法に2億5千万円の補助金を農協の新築ビル建設に支出しようとした事件。
有給職免訴訟    勤務時間中の労働組合活動や部落解放活動を、違法に有給で認めていた事件。
有給職免改ざん訴訟   労組幹部らの観光旅行に給与を払っていたことが発覚しそうになるや、公文書を改ざんし、違法行為の隠ぺいを図った事件。
連合高槻不正入居訴訟   市の施設に長年無料で連合高槻が事務所等を構えていた事件。提訴後、連合高槻は退去。大阪高裁は市の行為を違法と認定。
自販機不正利益訴訟   自動販売機の収益を違法に市職員の労働組合に供与していた事件。
附属機関訴訟   濱田市長の設置した「特別顧問」「高槻版事業仕分け」等17機関がすべて違法と認定され、4機関の公金支出の差止が命じられた事件。

これまでの調査で分かった、与野党相乗り・市職員厚遇・バラマキ=腐敗の構図

本を出版しました!

高槻市役所の「闇」(1)〜与野党相乗りの弊害〜

定価2,000円(税別・送料無料)

目次
■第一章 高槻市バス「幽霊運転手」事件
■第二章 宴会公用車事件
■第三章 他部署でも違法な有給職免が
■第四章 名ばかり勝訴
■第五章 農協ビル違法補助金事件
■第六章 池田大作氏への贈賞
■第七章 連合高槻不正入居事件
■第八章 市バス営業所は運転士職員の「パラダイス」
■第九章 スタジアム建設の詐欺公約の尻拭いに数百億円
■おわりに 〜地方議会の構造改革について〜

本書はamazonでも買えますが、直接ご購入いただくと消費税がかかりません。 送料も無料です。ただし、振込手数料は ご負担ください。
◆ご購入をご希望の方はここをクリック!
◆アマゾンでご購入の場合はここをクリック!
◆メールマガジンにご登録いただくと、高槻ご意見番からのお知らせが届きます。本の続編の情報も!
高槻市議・北岡隆浩の2期目の主な取り組み 京大農場問題担当・熊井清仁の「熊井チャンネル」
※さらに詳細はここをクリック!

条例なしに要綱だけで設置された「高槻版事業仕分け」などの委員会等の違法性や「特別顧問」の高報酬を追及住民訴訟を提起(附属機関訴訟)大阪地裁で一部勝訴の判決!

高槻市バス「幽霊運転手」事件の地裁敗訴を受け、市職員らが計約1450万円を「自主返納」高裁で実質敗訴したのに控訴を維持して「名ばかり勝訴を得た高槻市側の汚いやり方を追及

市職員が府有地のテニスコートを無料で独占的に使用していた問題を追及住民訴訟を提起(テニスコート訴訟)

市北部の中国企業の看板が掲げられている造成現場に出入りするダンプの住宅地走行や市有地の不法占有等を指摘住民訴訟(埋立訴訟)を提起

ある企業が里道等の市有地を許可なく占有している問題を追及後に住民訴訟を提起(市有地不法占有訴訟)

小学校の教職員が研修や出張に実際は自家用車で行きながら電車代等を不正請求していたケースがあるのではと追及。この調査の過程で公文書である「授業代行計画表」の随時破棄も明らかに住民訴訟を提起(旅費詐取訴訟)

校長が勤務時間中に「中抜け」したことを追及戒告処分に

老人クラブ補助金や高齢者向貸切バスの市負担金の詐取を指摘住民訴訟を提起(老人クラブ補助金訴訟)

市の福祉事務所が障がい者加算の認定を誤り約4200万円の過払い等をしていたことを厚生労働省の監査で指摘されたのに、私が情報公開請求するまで公表しなかった問題を追及住民訴訟を提起(生活保護費過払い訴訟)

市バス営業所で売上金約4千万円が職員に窃盗等された事件を追及住民訴訟を提起(市バス売上金不明訴訟)

父母の命日に取得できる祭祀休暇の取得率が他市に比べ異常に高く不正取得ではと追及。祭祀休暇等の特別休暇と病気休暇についてはそもそも有給とする条例上の根拠がなく違法と指摘住民訴訟を提起(特別休暇訴訟)

あるマッサージ治療院による療養費の不正請求について質問⇒後に「医療費のお知らせ」に療養費が記載される改善がされ、事業者が刑事告訴等された

交通部の特定の労働組合にだけ組合活動を理由に勤務変更を認め、それに伴い「待機」等の名目で勤務時間を水増しし無駄な給与を支給していることを追及住民訴訟を提起(勤務変更訴訟)

労働組合に対するさまざまな形での利益供与・便宜供与(トレーニングルームや倉庫の使用許可・勤務時間の水増し)、市長と労組の持ちつ持たれつの関係について追及

事件事故等の公表を定めた後も、職員が懲戒処分を受けた事例を隠ぺいしていたことを追及

高槻市の「待機児童ゼロ」は国基準のものであり実態としては待機児童が存在することを指摘し、本当の意味での待機児童ゼロを目指すべきと要望

他の自治体では広く公開されている非常勤職員の採用試験の問題の非公開・随時破棄を追及

京大農場問題まとめ1



【京大農場】被害想定が過大な雨水貯留施設



【京大農場】あいまい基準で強制収用!?



市は京大が自主的に移転を決定としているのだから移転補償費は違法と指摘住民訴訟を提起(京大移転補償訴訟)

京大農場に設置する計画の雨水貯留施設の被害想定は過大であり、実際の費用対効果は乏しいと追及

避難路の幅員の基準があいまいであるのに、道路を拡幅し、民地を強制収用しようとしていることを追及

京都大学から(仮称)高槻駅高垣線の道路用地を買収するにあたり、京大は自主移転するのだから補償金は必要がないと指摘

↓初めての方は以下の「10の実績」や動画からご覧いただければと思います。
北岡の日々のつぶやき
北岡たかひろの10の実績
脱・バラマキ!
 これまで行われてきた現職市長支持団体に対するバラマキを改めさせ、行財政改革を進めます。
脱・隠ぺい
 これからも徹底的に行政のチェックを行い、高槻市役所の隠ぺい体質を改めさせます。
脱・公務員厚遇!
 天下りや「わたり」、勤務時間の水増し・ヤミ手当、市職員労組への厚遇を廃止させ、適切な人事・給与制度に改めさせます。
「高槻ご意見番」は、高槻市政が公正に行われるように、情報公開制度などを通じて行政をチェックし、改革案・改善案を考え提案していくことを目的とした団体です。代表は北岡隆浩(高槻市議会議員)です。皆様のご意見・ご参加をお待ちしております。
∴メール(高槻市役所等に関する情報提供をお待ちしています!)
∴活動を支えてくださる会員を募集してます!
メルマガ購読・解除 メールアドレスを入力して送信するとメールマガジンを購読することが出来ます!
 
北岡隆浩 ■附属機関訴訟(住民訴訟)
 濱田市長が設置した「事業公開評価会」(=高槻版事業仕分け)、特別顧問、高槻市営バス営業所売上金不明事案特別調査員等、17の機関について、条例で設置していないから違法だと提訴したところ、大阪地裁は、17の機関がすべて違法であると認定。存続している4つの機関について、公金支出の差し止める命じる判決を下した。
北岡隆浩 ■高槻市バス「幽霊運転手」訴訟(住民訴訟)控訴審
 大阪高裁は地裁と同じく「幽霊運転手」行為=代走と有給職免について違法と認定。しかし、有給職免訴訟と同様、市職員らは約1450万円を「自主返納」し、高槻市側は「名ばかり勝訴 実質敗訴」と毎日新聞の記者さんがネーミングしたセコイやり方を行った。
北岡隆浩 ■高槻市バス「幽霊運転手」訴訟(住民訴訟)
 朝日放送「ムーブ!」でスクープされた組織ぐるみの給与詐欺事件。勤務実態のない「幽霊運転手」に給料もボーナスも満額支給されていた。「幽霊運転手」の正体は労働組合の幹部。実際にバスを運転していたのは、労働組合からアルバイト料をもらっていた非番の職員だった。市バスを運行する交通部当局はそれを知りながら、勤務時間中に労働組合活動を行っていた幹部らがバスを運転したとする虚偽の公文書を作成し、給与を払っていた。大阪地裁は「幽霊運転手」行為=代走と有給職免について違法と認定。労組幹部らのみならず、市バストップの管理者にも賠償を命じる判決を下した。
北岡隆浩 ■公文書開示請求訴訟控訴審
 高槻市バス運転手の時間外勤務(残業)の状況が分かる文書を情報公開請求をしたところ、交通部はほどんどを黒塗りにして開示。この文書で「ヤミ手当」の具体的な実態が判明する。地裁に続き、大阪高裁でも全面勝訴!
北岡隆浩 ■宴会公用車不正使用訴訟(住民訴訟)
 女性コンパニオン付き料亭宴会への出席に、副市長・教育長・自動車運送事業管理者が、運転手付きの高級公用車を使用。大阪地裁は不法行為と認定し、副市長らに損害賠償請求を命じる判決を下した。
北岡隆浩 ■公文書開示請求訴訟
 高槻市バス運転手の時間外勤務(残業)の状況が分かる文書を情報公開請求をしたところ、交通部はほどんどを黒塗りにして開示。この文書で「ヤミ手当」の具体的な実態が判明する。大阪地裁は全面開示を命じ、全面勝訴!
北岡隆浩 ■有給職免改ざん訴訟控訴審(住民訴訟)
 労働組合幹部らの観光旅行に有給職免を与えていたことが、私の情報公開請求で発覚しそうになるや、公文書を改ざんして3か月前に有給休暇に変更したように装い、情報公開を免れ、違法行為の事実を隠ぺいしようとした事件。朝日放送「ムーブ!」などで報道された。大阪高裁でも全面勝訴!
北岡隆浩 ■自販機不正利益訴訟(住民訴訟)
 高槻市バスの敷地内に設置された17台の自動販売機のうち、4台を労働組合が設置。労働組合はそこから利益を得ていた。高槻市側は「福利厚生目的で設置」と主張したが、大阪地裁は「福利厚生目的という観点からはその必要性が認められないばかりか…高槻市が…手数料収入を得る機会を合理的な理由なく失わせるもので…違法」と判断。労組に自販機設置を許可した当時の総務課長に対する損害賠償請求を命じた。
北岡隆浩
×3
■違法有給職免訴訟(住民訴訟)控訴審(3件)
 勤務中の労働組合や部落解放同盟の活動を違法に有給で認めていた事件。
名ばかり勝訴 実質敗訴」と毎日新聞の記者さんがネーミングしたセコイやり方を高槻市は行った。
 ・水道部分<平成21年(行コ)第147号>
 ・市長部局分<平成21年(行コ)第148号>
 ・教育委員会分<平成21年(行コ)第149号>
北岡隆浩 ■有給職免改ざん訴訟(住民訴訟)
 労働組合幹部らの観光旅行に有給職免を与えていたことが、私の情報公開請求で発覚しそうになるや、公文書を改ざんして3か月前に有給休暇に変更したように装い、情報公開を免れ、違法行為の事実を隠ぺいしようとした事件。朝日放送「ムーブ!」などで報道された。
北岡隆浩
×3
■違法有給職免訴訟(住民訴訟)(3件)
 勤務中の労働組合や部落解放同盟の活動を違法に有給で認めていた事件。
 ・水道部分<平成20年(行ウ)第70号>
 ・市長部局分<平成20年(行ウ)第71号>
 ・教育委員会分<平成20年(行ウ)第72号>
北岡隆浩 ■農協ビル違法補助金訴訟(住民訴訟)
 農協法違反の2億5千万円の補助金を農協の新築ビル建設に支出しようとした事件。